春が来た。

by Shogo

P3039025.jpg
春が来たと感じるのはいろいろな時があるだろう。
花が咲き始めた。
春一番が吹いた。
卒業式があった。
花粉が舞い始めくしゃみが止まらなくなった。
街行く人が薄いコートを着始めた。
ずっと凍っていた池の氷が溶けた。
木に若葉が生えた。
黄砂が飛び始めた。
きっと俳句の春の季語にはたくさんリストアップされているのだろう。昨日、私が感じたのは冬の間、しまわれていたスターバックスの外のテーブルと椅子が出されていた時。北京では美味しいコーヒーを飲める場所が少ないので、喫煙者のコーヒー好きには朗報だろう。
これから予想される問題は、3月15日という法律で暖房が切られる日の後、結構寒い日があるということ。冬の間は暖房がどこでも入っているが、3月15日を期限に切られるそうだ。そうするとオフィスでも寒い日があるかもしれない。またズボン下をだしておかねば。
日本のニュースで九州に黄砂が届いたというニュースがあった。去年の春は北京は黄砂の被害が少なかった。スモッグか霧か分からない日が多く、気がつかないのかもしれないが、黄砂の影響があったと感じた日は無かった。ゴビ砂漠からの風の流れに北京が入っていなかったようだ。これも今年はどうなるのだろう。
4月頃に舞う、柳のような木の綿毛は必ず来るので、マスクを用意しなければ。春の備えはたくさん必要だ。
P3039031y.jpg

You may also like

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください