騰格里砂漠 内蒙古 #2

by Shogo

砂漠.jpg

朝目が覚めて、朝食前の散歩に出かけたら、もう6時半を回っていたのにちょうど夜明けだった。中国は大きいな国だが国内に時差はなく、普段から西に住む人は冬は真っ暗な内に出勤するのだろうと思っていたが、行ったあたりでも北京よりも1時間はど夜明けが遅いように感じた。 そのおかげで砂漠から上がる太陽を見ることができた。

砂漠 (1).jpg

太陽が完全に地平線から離れた。

砂漠 (2).jpg

湿地帯の野鴨も早起きで朝から一生懸命食事中だった。

砂漠 (4).jpg

湿地帯から砂漠の方に歩いていくと、遠くに駱駝がいるのが見えた。

砂漠 (5).jpg

近づくと、人が何頭もの駱駝を追っている。駱駝は一列でゆっくりと着いて歩いていく。見ていると湿地帯へ草を食べさせるために向かっていた。

砂漠 (6).jpg

十頭あまりの駱駝が長い長い列になってゆっくりと通り過ぎていく。

砂漠 (7).jpg

朝食を済ませて、駱駝に乗って砂漠の奥まで出かけた。

砂漠 (8).jpg

砂漠の奥にはやはり大きな湿地帯があり、その周りを広大な砂漠が取り巻いている。

砂漠 (9).jpg

砂漠を歩き続ける。

砂漠 (10).jpg

風は強くなく、前の日より砂は飛ばない。

砂漠 (11).jpg

砂丘と砂丘の間の低いところに少しだけ草が生えていたりする。

砂漠 (12).jpg

足跡があったので駱駝かと思っていたら、放牧されている馬(ロバ?)のようだった。無心にほんの少しの草を食んでいる。

砂漠 (13).jpg

駱駝に乗った観光客がやってくる。

砂漠 (14).jpg

午後まで砂漠を堪能して、またジープと軍用トラックに乗って砂漠を出て、そこからまたバスで空港まで3時間弱。夜の飛行機で北京に戻った。

今日から国慶節の休み。

 

 

You may also like

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください