四川料理「渝郷人家」

by Shogo



重慶鶏

渝郷人家は北京に5,6店舗あるチェーン店だ。上海でも一度行ったことがあるので北京以外にもある。四川料理は一番流行りの中華料理だからチェーン店が成立しているのだろう。ここの特徴はインテリアが落ち着いた感じでおしゃれなこと。と言って美味しくないかというと不味くはない。重慶鶏なんかはどこでも食べられるが、どこでも同じ味だ。唐辛子と一緒にから揚げにしてしまうのでそんなに差はでないようだ。強いて言えば「鹿港小鎮」のが美味しいような気がするが、ここも十分美味しい。



筍の漬物

前菜のひとつに頼んだ筍の山椒漬けだが、思ったより美味しくて自分の皿で写真を慌てて撮った。



牛肉の串焼き

これは辛くないものもということで注文したもの。ちょっとカレー風味のスパイスがついているが辛くない。テーブルのそばで最終的に仕上げてくれるので熱々の焼きたてで美味しかった。



水煮魚

水煮魚は、他のお店だと魚の種類を選ぶところから始めるが、ここはメニューに1種類しかない。魚の種類も書いていないので良く分からない。それから、テーブルで唐辛子をすべて掬い取るという作業があるが、他のお店だとテーブルでやるが、ここではテーブルのそばで作業して唐辛子がなくなったものがテーブルに運ばれてくる。魚を選べないこととあわっせて、ちょっとプレゼンテーションが良くない。味は他と比べて遜色は無いが、ここのは下にあるもやしのシャキシャキ感があるような気がして好ましい。

インテリアは落ち着いた感じでくつろげる。テーブルクロスやテーブルとテーブルの間隔など中華料理屋という感じではない。

You may also like

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください